とりとめもなく、とめどなく

アクセスカウンタ

zoom RSS ぽっか@水戸市産業祭

<<   作成日時 : 2017/11/26 12:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日と今日の二日間で、水戸市に来ています。

画像


バーバラ村田さんと一緒です。

画像


現場が一緒になるのは何年振りなんだろうか?
とてもレアです(笑)

水戸市在住のバルーンこやじさん(おやじさんではない)からの出演依頼で、以前に加納真実さんやサンキュー手塚さんが出演していたそうで、今回(水中三姉妹つながりの)2人に、ということだそうです。

昨日の夜は、こやじさんに、飴細工のpippiさん、バーバラさんと共に、四川料理 炎神(アグニ)に連れていってもらいました。

画像


コース料理でしたが、どれも美味しい料理で、写真を撮るのも忘れてガッついて、いや、いただきながら、会話も弾んで楽しい食事会でした。

画像


今朝は、2時半からの1ステージなので、ゆっくり現場に向かいまして、予定にはなかった回遊で、会場内を歩いたり、買い物したり、試食したり、お店の宣伝、呼び込みしたり、クラウンの本領発揮してきました

出店されてる方々や、お客さんと交流出来て、とても楽しかったです。



さてさて、タイムテーブルが押してます。

バーバラ村田とクラウンぽっか
最終ステージです。

画像


画像


バーバラさん少し短めで終了!
その時点で、お客さんも席を立ち客席が寂しいことに。。。

いきなり、おしゃべりからのスタート。

3時には終了するよ!

と前置きして、見たい人は座って見てくださいとお伝えして、ステージに上がり、鞄の固定で、お客さんの反応を確かめる。

次は、ステージを降りて皿回し

回っただけで拍手!?

あらら、良い反応です(笑)

その皿が回った状態の棒を子どもに渡すと、拍手!?

えーーー!?

もはやお客さんも、祭の最後をぱーっと盛り上がろうとしてるのではないか?


私も面白くなって、
「お隣の子にバトンタッチ」と言うと、
次々に渡していくという状況に。
最後はノリの良い大人のお兄さんが受け取り、皿が止まって落ちる(笑)
という奇跡的なオチがついて、会場も笑いが起こる

おーーー、これは、面白いっ!

もう一回チャレンジ!!

と今度は勢いよく回すと、あちこちから子どもが連携プレーで皿回しを渡していく。

ギネスに挑戦か?(笑)
そして、最後は、お兄さん!

回ってるやんっ!(笑)
そこは落とさな?


「初めてやったけど、これ面白いから、次の現場でやろっと」とボソッと言うと、アカペラでステージに立っていたグループ(おそらく大学生)が大ウケ!(笑)


よ?し、調子に乗って、次は輪投げだ!

アカペラグループの中から無作為に3人選んで、リングを渡して投げてもらうが、両手は入るけど、最後の頭が入らない。

すると、さっきの子ども達が次々に割り込んできて、リングを奪いあうようになる。


火がついちゃったのね。


そこで一人を選んで、1対1でやってみることに。

元気な子どもの中でも、空手着の男の子が、何度も失敗しながらも一生懸命にやってくれたので、彼に決定!

「3時に終われるかどうかは、○○君にかかっているよ。」

なかなか上手くいかないので、
投手と的役を入れ替えて、やってみることに。

「3時に終われるかどうかは、○○君にかかっている。分かるね?!」


すると、
なんと大成功!!

ご褒美に、トンボのバルーンをプレゼント。

ステージに群がる子どもたちたちたち。

もう、こうなると、むちゃくちゃ(笑)

久々にピラニアキッズ軍団に囲まれたー(笑)

「座って」と何度言っても、聞かないので、ちょい低い声で
it(イット)って、知ってるかぁー?」
と言うと、大学生グループが大ウケ(笑)

ステージ上にある道具を勝手にいじりだす南米系の男の子から、ピコピコハンマーを取り返して客席に行き
「悪ぃー子は いねがー?」とナマハゲさながら子ども達を追いかける。

ぶつけてきたバウンドボールを奪って、ステージ裏に全力で走り去る。

ピラニアキッズ軍団が追ってくる!(笑)


これはもうショーではなく、修羅場です。

一番の悪ノリ南米系男児に名前を聞いてみる
「タケシ」
なんだ、君はジャイアンだったのか。


半ば やけくそで、子どもたちたちたちをステージに上げて並ばせ(並ばないけどw)終わりの 挨拶と お辞儀をして終了!


3時ピッタリ!
おぉぉー


着替えを急いで済ませ、荷物をまとめて本部の方々に挨拶をし、こやじさんと握手を交わし、隣の飴細工のpippiさんのお店には、まだまだ飴を買いたいお客さんの行列が。

「最後の面白かったです。大変だったろうけど。」と労いのお言葉をいただきました。

その列の女の子が、私の正体に気づいた!

やべっ、逃げろ!


良くしていただいた、けんちんそばやさんに挨拶してから帰ろう。
するとそこに「タケシ」がいる。
「えっ、お蕎麦やさんの子ども?」と聞くと、ジャイアンタケシは、ケバブやさんの子どもだった。

という大オチがついた。
チャンチャン

素顔になった私を「誰?誰?」と気づいていないジャイアンタケシくん。
君は、根っから純粋な子どもだったんだね



水戸は、美味しいものがたくさんあって、心底楽しくお仕事させていただきました。



みなさん、本当にありがとうございました。

また、お会いしましょう。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ぽっか@水戸市産業祭 とりとめもなく、とめどなく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる