島倉千代子さん

先週11月8日、突然の訃報に、一瞬身体が硬直しました。

島倉千代子さん、75才、肝臓ガンで亡くなられたと訃報をニュースで聞きました。

皆さんは、ヒット曲「人生いろいろ」をご存知かと思います。私は幼い頃から、母が「恋しているんだもん」「からたち日記」「東京だョおッ母さん♪」など台所で歌っていたのを聞いていたので、馴染み深い方でした。

この仕事を始めてたくさんの方と出会い、芸能人の方にも会う事が出来、有難い経験をさせて頂きましたが、島倉千代子さんもその経験のお一人で、私にとっても大きな宝です。

島倉さんが「人生いろいろ」に続くヒットを願い出した曲「人生はショータイム」のPVに、「(ご自身が持っている)お気に入りのオルゴールを使いたい。ピエロが好き。」という希望からPV制作会社から私の元へ出演依頼が舞い込んできたのです。本当に有難いご縁です。

たった一日での撮影なので、朝早く待ち合わせ。現場に現れた島倉千代子さんは、ほわんとした雰囲気の方で、大物歌手という威圧感はなく、ご挨拶の時は緊張しましたが、直ぐに溶けました。「ここに母が居たら、どんなに喜ぶだろう?」と想像したりもして。

プロのメイクさんと衣装さんが付いて下さったので、全てやって頂きました。自分で出来るけど、映像イメージも有りますからね。ちょっとタレント気分味わいました。

当日は、乗用車とワゴン車に乗り、スタッフさんと全員でロケ地を回りながら撮影でした。
「芸能人は後部座席に乗り隠れているものだけど、島倉さんは、いつも乗用車の助手席に乗るそうよ。対向車の運転手さんが見たらビックリしちゃうよね。」とメイクさん達が話してくれ「確かに!」と、島倉さんの親しみやすい人柄にほっこりさせていただきました。

最初に撮影したのは、カウンターのシーン。
いきなり至近距離で向かい合うシーンでド緊張!!
でも、島倉さんのほわんとした空気に包まれ、その緊張が和らいだのを覚えています。
鏡のように同じ動きをするものと、私の顔アップでは、「悲しい顔をして下さい。」という監督さんの指示で、当時から顔芸は得意でしたから、「流石!」と一発OK頂き、舞い上がり有頂天になりました。私も若かったのですね(笑)

二箇所目は、噴水のある公園。
島倉千代子さんの歩くテンポを見て、真似をする。
柱を通り過ぎると入れ替わるマジックの様な演出でしたか、少し寒かった記憶があります。

食事休憩では、スタッフさん含め全員で個室で食事。
ふっと仕事モードからチェンジしたので、「うわっ、芸能人と同じ部屋でご飯食べてるよ、あたしーー!!」と、内心バクバクで、何を食べたか覚えていません(笑)確か中華だったような…。

最後のロケ現場は、当時廃館が決まっていた横浜の映画館でした。
ステージでショーをする私を客席でご覧になる島倉さん。その逆パターン。
ステージ上で、手のひらに島倉さんが乗って(実際には乗ってないので、乗ってつもりのパントマイムでしたが)いるシーン。
これは、イメージするしかありませんでしたから、「いったいどうなってるんだろう?」と?マークだらけでしたが、出来上がった映像を見て、「なるほどー!!すごい!上手くいってて良かった!」と安堵しました(笑)知らないって怖いわ(笑)

カバンの固定を披露してますが、実は中にギッシリと自前のメイク道具一式入っていて、かなりの重量があり、苦労しました。中身を出すために撮影を中断してはいけないと思い、「ちょっと待ってください。」の一言が言えなかったんですよ。
結果、首を傾げてばかりになってしまい、「空のカバンなら、もっと動けたのに!」と出来上がった映像を見て後悔しました。

そして、最後は、島倉さんがピエロに扮して客席に座るシーン。私が着ていた衣装をそのまま島倉さんが着て、メイクも同じ。確か、私のメイクが出来上がった時に顔を覗き込んで「私もこれになるの?楽しみ〜♪」と嬉しそうに仰る姿は、少女のようで可愛らしいなぁと思いました。
そこで、衣装さんから、私が一日中履いて湿った靴下にもかかわらず「貸してください。」と言われ、「えー!本当に良いんですか?湿ってますよ?」と恐る恐るお貸ししたら、島倉さん、、、お履きになって…。あぁ、ごめんなさい。そして映像には、映ってないんですもの。

今日は、テレビの前で告別式の様子を見ています。
ご冥福を心よりお祈りします。


「人生はショータイム」
http://v.youku.com/v_show/id_XMzM0MTc4NjYw.html
”ほわんとしたお人柄”が漂ってますね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック