もっとグラマラスに

本番まで一ヶ月をきりました。
通し稽古の日々です。

画像


昨日の午後は、いちょうさんのシーンを集中して、夜は通しての稽古。
作・演出の松田充博氏に求められるのは、"よりグラマラスにしていく"こと。
参考映像として出されたのが、ケイトブッシュ!
懐かしい!!
私たち世代だと、パントマイムを始めたきっかけは?デビッド・ボウイかケイトブッシュという人が多い。

松田氏とは、ほぼ同世代なのでね、「あぁ、それ分かるぅ」っていうアンテナぴっぴって瞬間がよくあるのです。
ケイトブッシュの曲は、水中三姉妹の時にも使いまして、好きなアーティストの一人ですもの。

"グラマラス"良い響きです。


4年前、『Cour d'amours(コールドアモール)求愛の季節』私に課せられたシーンを創り探り練り込む作業は、松田氏のイメージに自分の内面をさらけ出し近付けること。
私の引出しから、あれでもない、これでもない、じゃあこれは?と隠れていたものをずるりと引き出されるのです。
きゃー、やめてー、そんなこと、恥ずかしいわん。
なんて言ってられないんです(笑)
あはは。
それで、今や こんな有様です。

舞台に上がるということは、そういう覚悟が無いとね。


そんなわけで、いちょうさんの頑固に硬い殻を破る作業のお手伝い。
皆で盛り上げます。
成功体験をさせてあげる。

ここはラスベガス。
皆で、歓声、拍手。
何故か英語です(笑)

画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック