小学校同窓生とタイムカプセル

昨日、田舎の友人Hからメールがあり、小学校のタイムカプセルを開けるイベントを企画中との知らせを受けた。とにかく知っている連絡先を教えて欲しいという内容だった。

既に東京に出て30年が過ぎている。
連絡が取れる友人はかなり少ない。
探す方法もmixiかFacebook。
手当り次第に友人申請をしているが、この年齢になると登録している同窓生も少ないらしい。

旦那も同級生だが、元々友達が少ないので、「俺は知らん、友達いない。」と言い捨てられるだけ。(・_・;

この友人Hとはクラスは違ったが、中学1年の時にクラスで一番仲が良かった友人Yと同じ演劇部だった事で、Yさんを通して仲が良くなった。翌年2年で同じクラスになって以来今現在も、私の帰省時には会って近況報告や思い出話に花が咲く。

このメールを貰った時に、Yさんが数年前にガンで亡くなっていたと聞かされた。ショックだった。

ついこの前、家族で焼肉屋へ行った時に、旦那と私の中学時代の同級生名言集を娘に披露していたばかりだった。
Yさんの「うるさいね~。辞書で調べな!」と、授業中に妨害する為に先生にあれやこれや質問する悪ガキに一喝したこの言葉は、声のトーンから表情まではっきりと蘇ってくる程、記憶に刻まれている。

Yさんの死を知った友人Hが地元友人とタイムカプセルを開ける事を発起人として企画したのだ。

40人×6クラス どこまで集められるだろう?



友人Yさんのご冥福をお祈りします。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック