癒されました

画像
春休みになりましたね。
母さんたちが、普段よりも忙しくなる時期です。子どもの面倒みたり、三食用意したり、退屈してる子どもと遊んだり。自分の時間は無くなります。

「退屈だよ~。」と言う娘に、友達を誘って遊ぶように言ってみたのですが、仲の良い友達は留守だったり予定が入っていたりで、
「ママ遊んでよ~。」
結局、二人で出掛けることになりました。
娘のリクエストは、高尾山!
これは、時間的に行って帰ってくるのは無理だと言うと、
「じゃあ、健康ランド。」
まったく年寄りみたいだなぁ(笑)
こちらとしては有難いけど。

そんなわけで荻窪なごみ湯へ。
そして、その前に以前から気になってた猫カフェ、「catroomこるね」に行くことに。(写真)

年末にたるを亡くしてから、寂しさを紛らわせる為に里親募集サイトをながめながら、猫がいる生活を思い浮かべたりしていました。
私が次の猫を飼うのを止まらせている一番の理由は、大地震がくる可能性を考えてしまうと、猫の命も守ってやれるのか?ということなのです。

そんな気持ちもありつつ、今は猫カフェで猫と触れ合うくらいが限度かもしれません。

大概の猫カフェでは、猫に対して人間が無理強いしてはいけない!というルールがあり、子どもの入店お断り!というお店も多いのです。触りたいのに触れない。そういうジレンマがあります。
池袋の大きなお店は、いつも人がいっぱいで、猫たちもそれに慣れている様子。自分の居場所でじっと寝ているので、それを眺めるだけ。餌やりの時間に上手く居合わせられれば、猫に近付くことも出来るのですが、あとは動物園同様見てるだけ。

ネットで調べて、わりと近場で子どもOKなお店が、このcatroomこるね。
駅からも近く行き易い場所で、料金も30分で500円。その後30分毎に500円追加と、滞在時間での計算で同様の猫カフェに比べてもリーズナブル!

行った時間が3時頃で、お店の方が仰るには、ちょうど6人のお客様が帰った後だったそうで、娘と二人で貸切状態で満喫しました。

入口で注意事項に目を通し、中に入ると直ぐに猫たちが興味深く周りに集まって来てくれます。何匹かは、脚に前脚をかけて、
「ねぇ、あんた誰?遊んでくれるの?」と、こちらを見上げています。
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

なんという歓迎なんでしょう!
猫好きには堪らんです!

荷物をロッカーに入れ、手洗い消毒を済ませ、あとは自由に10匹の猫たちと触れ合えます。

でも、いつもの他のお店で仕込まれた遠慮心から、自由に使えるオモチャもぎこちなく、遊び慣れてる猫たちは直ぐに飽きてしまったようで、お店のお兄さんが居る部屋のドアに集まり、
「ねぇ~、この人たちつまんないよ~。お兄さんが遊んでよ。こっちに来てよ~。」と鳴いています。

σ(^_^;)あらら。

パソコン部屋から出て来たお兄さんが、「撫でてやって下さい。」と。

えっ⁉触っていいんですか?これは、衝撃的でした。他のお店は、触ろうとすると怒られてしまいそうだし、他のお客さんからも「え~、そんな事していいの~?」と白い目で見られてしまいそうな雰囲気なんです。

お兄さんが色々な遊び方を教えてくれましたが、どれも納得いくことばかり。
そう言えば、たるは老猫でしたから、晩年はあまり遊ばなかったなぁ。やらなかったと言うのが正しいのかな。私も遊び方を忘れてしまったらしいです。(^◇^;)

暫く頑張って遊びましたが、やはりパソコン部屋のお兄さんの元へ集まってしまう猫ちゃんたち。

堪り兼ねたお兄さんが、ボールに入れた大量のカリカリを下さいました。
「取手をしっかり持って、これをあげて下さい。」
素敵過ぎます!有難う、お兄さん。

たちまち猫ちゃんたちが集まって来ました。至福の時でした。

その後更にオモチャで遊び、1時間があっという間に過ぎてしまいました。

お兄さんは、一匹の猫を抱き上げて私たちの方を向けて見送りしてくれました。その時お兄さんに、たるの事をお話しました。
また来ます。絶対に。

CatroomこるねさんHPはコチラ
http://www.catroomkorune.com/

画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック