学芸会&地元話

娘が通う小学校で、学芸会が開かれた。

どうしてこんなに感動するんだろう?
台詞も演技もお世辞にも上手とは言えない(子どもだから、当たり前)が、胸を打たれる。
幾度と無く、熱いものが胸に込み上げた。
その懸命な姿に感動してしまうのだ。

そして、子どもの成長のなんと早いことか!
あんなに小さかった子が、立派に舞台で自分の役割を果たさんとしている。

それぞれの学年で6つのお芝居を披露したが、その学年毎に良さが出ていた。
低学年は、小さいなりの可愛らしさと、クラスみんなで力を合わせての台詞や唄。
高学年は、役を研究したのがよく伝わってきて、演技も上手い。
何度も何度も練習を重ねたのだろうなぁ。

台詞の中に地元のお店の名前が出てきたり、ご当地ネタ?も楽しめた。
その台詞で、私の頭の中でリンクした。
TVの「アド街」で放送されてから、地元商店街がやけに賑わっているような気がする(笑)
エコポイントが来月から半額になってしまうと知って、早速「アド街」に出ていた電気店で地デジTVを買いに行ったら、その放送がTVで流されていた。

すっかり自分も地元に染まったなぁと感じたりしてる。

野方、ばんざ~い!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック