劇的ビフォーアフター!

中古だが、夢のマイホームを手に入れた。
今日、我が家のリフォーム計画がまとまった。

元々、外階段がある1階と2階に別れた中古二世帯住宅を、単世帯用に改築して住むのだ。
どちらかを賃貸で貸す事も出来たが、旦那が猛反対。
狭いのを少し我慢すれば、家賃収入が得られて、家計も助かるのに…。

仕方ない、これはもうリフォームで楽しむしかない!とばかりに、あれこれ夢を広げた。

PCネットで調べたリフォーム会社検索サイト“ホームプロ”から条件に合った8社が候補に挙がる。
メールでのやり取りで2社に絞込み、現場を下見して貰い見積りを依頼。
最終的に選んだ1社が、“ホームテック”という、リフォーム会社。
決め手は、下見に来た時の服装も背広をキチッと着て、部屋の採寸、そして何より優柔不断なつぶやきとも言える要望を細かくメモして、図面を何パターンか考えてくれたこと。

まず第一優先すべきは、内階段の設置と壁紙などの内装リフォーム。
階段をどこにするか?で、各階にあるキッチンと風呂をどうするか?

更に快適に暮らす為に、家族それぞれの要望は、
旦那・・・とにかく寛げる場所が欲しい。大量の本があるので、本棚をどこへ置くのか?
娘・・・ロフトが欲しい!
私・・・仕事の作業部屋が欲しい。吹き抜け天井とトップライトを付けたい。
結局、プランを見直して、旦那には1階の小さい洋室を書斎として、娘には子供部屋専用ロフトをつけることにした。
DKの吹き抜けロフト天窓は、予算が合わないので止めにした。
それを見かねてか?旦那が、「キッチンも新しくしようか?」と言ってくれた。
元々は、予算削減の為、あるものを再利用しようとしていたのだ。

それらの見積もりを出して貰うと、予算オーバー!
2階DKの床のシミも気になる。(←元住人が犬を飼っていたので、どうもオ○ッコらしい臭いがする。)

築12年木造。
施工当時の図面は無い。
見えないところが傷んでいそうだ。

画像



来週は、公演本番。
まだ空家なので、無料で使えるマイスタジオといったところか?





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック