ドラマで大泣き

いつもドラマは録画して、好きな時間に見るのがおきまり。
そして時間がないとどんどん溜まってしまうのが常。

そんな中、夜中に「Mother」を見た。
7話前のダイジェスト番組のを。

大泣きしました。

母と娘、虐待、産みの母と育ての母・・・。

同じ母として、これはもう心が張り裂けそうになるドラマです。


無償の愛って、母親から子どもにではなく、子どもから母親(或いは父親)に向けられるものだというセリフがあり、これってそうかも・・・と思えました。

ついカッとなって。
という場面って、大小問わず母親なら誰しも経験あるのじゃないかしら?

母親も、子どもを持って初めて母親になる。
だから子どもと関わりながら、母親として成長していく。
手探りなんですよね。


そして「旦那への無償の愛なんて存在しない!」と、リカコが言ってたのも納得せざるを得ない私です
(6/6日曜日朝7時、「ボクらの時代」フジテレビで放送予定)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック