非を認める

以前、野毛大道芸について書きました。
そしてその後、実行委員の方からお電話を頂いた。
このブログ「クラウンの役目って?」をご覧になったようで、スタッフに何か不手際があったのでしょうか?と、とても丁寧な口調でした。
正直、ドキっとしました。
私のブログを見ている人は少なく、身内だけだと思っていたからです。


私もその内容をすっかり忘れていたので、ブログを読み返し事の一部始終をご報告しました。

こういう丁寧且つ真摯なアフターケアが、野毛大道芸の歴史を支えているのですね。
風船購入をしているお店のクレーム対応といい、とても見習うべき応対で、大変勉強になりました。

それに比べmi○iといったら
こちらは、突き放されたような気持ちのままです。

やはり自分の非を認めて謝る。
すぐに最善の方法で対処する。
これが大事ですよ。

鳩山さ~ん。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック