Fes.終了!

終ったー!!!
長かったー。
よくやったー。自分!(笑)

いろいろありましたが、ブログをアップする時間も無く忙しくしてました。
もっぱら、さくパンブログの更新ばかりで、こちらはとんとご無沙汰でしたね。
個人的なことは、やはり、こちらでブチ撒けるしかないですから(笑)


<振り返って・・・自己反省を書き留めておこう!>


・出演者確保が大変でした。
 この時期イベントや自身のソロ公演があったりで、出演交渉が纏まらなかったり。
 とにかく色んな人に声をかけまくりました。その結果、ほとんどの人が私の知人
 長くやってると、こういう時に役立つものですね。
 ま、それだけが自慢でもありますが。

・夏場は、スクラプ'sの稽古で殆ど動けず。
 出演者の皆様への連絡が途切れてしまったり、チラシ作成担当の方にはご迷惑をかけました(謝)

・スクラプ'sが終ると同時に、さくパンフェス本格起動開始。
 とにかくバタバタでした。
 35組の出演者全員にfreeMLの登録をしてもらう(ちゃんと登録できたのか?確認作業が大変
 説明会・・・一度に全員を集めるのが無理なので、3回に分けてスケジュール設定。場所の確保。
 チケット印刷・・・ロウミンがデザインし、印刷やさんに依頼。
 説明会資料の作成・・・間違いが無いか?確認作業。

 ◆説明会の後、Fプロで共演のエディーさんに「せっかくだからメンバー5人で何か一緒にやれないか?」
 と相談を持ちかける。即、快諾!!そこから、連絡担当の職権乱用して(笑)全員に意向を伺う。
 全員快諾!そこからチームF、始動開始!楽しみになってきた。
 以降は、メールで一斉送信の意見交換。
 1度だけミーティングを行い、内容を詰めていく。
 アウトラインと曲が決定。素晴らしいチームワークだ!
これで、本番当日も舞監が見つからず、チームワークで乗り切った(笑)


・オリジナルTシャツ作成計画
 フェスを盛り上げる為のグッズ販売を計画。
 イラストデザインは、野次馬のメンバーである、隅田栄子ちゃん。
 可愛いTシャツが出来上がった。
 だが、希望の色が在庫不足。納期も間に合うのか?心配になる。
 合わせてPWからも水中三姉妹のポストカードを作ることになった。

・Qシート(キッカケ表)統一化計画
 昨年の教訓からQシート(キッカケ表)統一化計画があり、実行に移す為、松田さんと打合せ。
 これをやっておくと、次からの作業が楽になるから。

・波乱の始まり「総見ウィーク」
 昨年は劇場で初めて作品を見せて本番という無謀な手段で、音響&照明の松田さんに多大な迷惑をかけた。
 そこで今年は、1週間前に総見ウィークを設定。
 それぞれのスケジュールをまとめ、総見スケジュールを作成。
画像

 こんな感じに・・・かなり頭をなやませて作ったのだ。
 しかし、インフルエンザの影響でマイムトウ関係者が予定のスケジュールをキャンセル!
 やむなく週末に時間調整。このことで松田さんが過密スケジュールになってしまった。
 総見の段階で作品が未だ完成していない人もいたが、みんな其々のカラーが出ていて面白い。
 自分自身は再演作品だが、改良が必要だと実感。

 ◆そんな合間の松田さん食事休憩の時間を頂き、Fプロメンバーでオープニングとエンディングの練習
 動きが固まる。  総見も終了。


・プログラム作成
 全作品を見て(中にはビデオで)、各プログラムの中での出演順番を決める

・舞台監督確保
 当日進行を仕切る舞台監督は、とても重要な役割。
 出演者の中からお願いして、ご担当頂く。
 舞監は、作品を知らないので、舞台監督用の進行表を作成し配布。
 当日の段取りを出演者に伝達

・仕込日
 舞台は、松田さんに任せてSPP事務局メンバーは、折込作業など前準備を担当。
 外部からの折込依頼もある。

・公演初日
 こうしてフェス開幕!!
 公演中も、出演者にスタッフなどを手伝って頂きながら、どうにかこうにか・・・
 と思いきや、季節性の風邪により、SPPメンバーも打撃を受ける。
 自分の稽古は、開幕後に始めた。間に合うのか?!
 
  開幕直後だったが、が~まるの公演を見に行く。
  これは、いつもチラシ折込でお世話になっている制作担当のA山さんにご挨拶に行く為でもあった。
  今回は特に、お互いの公演日が重なっていた為、チラシを交換して折込作業をして貰ったから、一言お礼を。
  しかも、私たち「さくパンフェス2009」のチラシが一番上になっているではないかっ!
  下には、芸能人や有名人の芝居などのチラシ。正直恐縮した。
  (公演の折込チラシは、上にあるものほど、その公演との繋がりの深さを意味するからだ。)
  それだけ私達を応援してくれてるという、が~まるの気持ちの現れだと思った。
  時間がなくて、が~まるには会わず、音響のマキちゃんにだけ挨拶して帰った。
  ケッチ、吉見君有難う!


・公演、全プログラムを拝見!
 照明と音響の力は、凄すぎます!!
 みんなが舞台でイキイキと輝いている姿を見ると、目頭が熱くなる思いだ。

・日々のブログ更新。
 なかなか追い付かず、もっと早めに更新すべき項目もあった。

・そして昨日の最終日
 マザーとめさんが誕生しました(笑)
 タダならぬ事態を察してか?(かなり落ち着き無かった私で)来場のお客様の拍手の温かさといったら・・・。
 皆さん「マザー!!」と掛け声をかけて下さいました。

よくぞ、乗り越えた!偉いぞ自分ー!!(笑)

嬉しかったのは、たくさんのお客様がご来場下さったこと。
素晴らしいゲスト、若いアーティストと一緒にステージを作れたこと。
自分の作品も好評だったこと。
 これは、松田さんの助言があったからだと有難く思っている。
 総見で、「今のままじゃ、○○(地元の名前)の町にしか見えないよ。」
  なんだとー!!ヤバイーと危機感を持たせてくれた(笑)
 そして、グジグジと悩んでるのを聞いてくれていた。
 結局「これをやるしかない!」と思い、稽古しているうちに少し変化があり、そのキッカケ変更を受け入れてくれた。
 マチネ後には、アドバイスをくれて、ソワレは思い切りやりきることが出来た。

そして、これも大変嬉しかったのだが、Bプロ出演とCプロの舞監を引き受けて下さった あがりえさんがお忙しい中Fプロを見にいらして、打上げにも参加して下さった。
そして、「おとめさんよ。あんたよくやったねぇ。事務局の仕事やって、自分の作品もあって。あれ良かったよ。その上OP、EDのアンサンブルも皆を良くまとめて。がんばったね。」と誉めて下さった。
山田とうしさんにも以前、言われた言葉に感動したのだが、この言葉も私にとって、何よりの褒美だ。
本当は涙が出そうだったが、そこは酒の席、松田さんがチャチャを入れてくれて笑いで和んだ。
あがりえさん、松田さん、有難うございました。
誉められて伸びるタイプです。これからも沢山誉めて下さい(笑)
こういう諸先輩方、兄貴たちに囲まれて、とめさんは本当にシアワセです。

F P R O
画像


Fプロメンバーと
画像


エディーさん撮影

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック