地味だけど、地道な努力

最近、とても勉強になることばかり

今回もまた私に、今秋10月9日~11日の公演「スクラプ's」でのシーンを与えて頂いた

  (因みに、前回の子沢山母さんのシーンは無くなりました


初めの頃、自分でやってみて、そのビデオを家でチェックしてみると、

ちーっとも面白くない!(笑)

というか、どこに焦点を持ってくればいいのか理解出来ずにいたから、演じていてもただ動きをなぞっているだけで、

そこに楽しみを見つけられなかった



演出の松田さんが何を求めているのか?

このシーンの意味は?

何を見せたいのか?



それをあれこれやってみるのが役者の仕事なのだが・・・・。


ギャグにしたいのか?もっとアイディアをひねり出して脚色していくのか?等など、

悩む・・・悩む・・・。



そして先週末の稽古で、細川さんに私のシーンをやって貰った

面白いっ!(笑)


ゲラゲラ笑うような面白さではないのだが、見ていて面白い!

  なるほどー。客観的に見ると分かることってあるよね。


結局、何も飾らず、小細工などせずにやればいいのだ!(笑)

芸人の性でしょうか?それとも性格?

ついつい「笑い」を求めてしまうのよね、私(笑)



昨日の稽古では、松田さんから色々とこのシーンについての要望というか、説明して頂いた。

何となく光が見えてきた


まさしく、日々勉強ですね


新メンバーのルーキー光司くんも頑張っている

そして、ちょっぴりアドバイスをしていて、ハッとする

私が、まだ演技など出来ない(分からない)初舞台の稽古をしていた時に、藍先生から指摘されたことや、

光洋先生に教えられたことが続々と出てくる。


今になってようやく自分にも、その先生方の「演技指導」が身に付いてきたのだろうなぁと思う


スクラプ'sのブログの「がんばれルーキー」にも、松田氏が書いていた。

ロジカルな動きと、感情についての操作の仕方

うーん、なるほどぉー!

入り方は違っても、舞台の上では同じ


作品や、シーンによっても、そのどちらの操作をするか?は、使い分けすれば良いと思うが、

マイムのテクニックにも流派の違いがあれど、作品によって使い分ければ良いと私は思う。


ほんの数分のシーンですが、皆さんにも是非ご覧頂きたいです。


ご予約は、コチラの左側の「メッセージを送る」からお願いします。

◆申込記載内容◆
 件名:「スクラプ's予約」
 お名前(フリガナ)
 希望日時
 枚数
 連絡先電話番号 又は、メールアドレス

追って、チケットお渡し方法・代金支払い方法などお知らせします。



パントマイムアンサンブル公演
Courd’ amours(コールドアモール) 求愛の季節
スクラプ's ver2.0
2009年10月9日(金)~11日(日)
会場*MAKOTOシアター銀座
作・演出*松田充博
出演*細川紘未、JIDAI、新堂雅之、島留美、ロウミン、柴田寛子、阿部邦子、平光司

公演スケジュール
 10月 9日(金)          19:00
 10月10日(土)  15:00 & 19:00
 10月11日(日)  14:00 & 18:00

チケット 前売 2,700円  当日 3,000円
      ペアチケット5,000円(予約のみ)
      学生前売 2,200円(当日学生証提示)
      学生当日 2,500円

詳細:スクラプ'sブログ  http://scraps2009.blog6.fc2.com/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック