いい舞台、いい作品、素敵な先輩

昨日、京橋のMAKOTOシアターで開催中の「銀座9Ave.8th st.」を鑑賞に行ってきた。
出演は、マイムスター山本光洋氏 & 主宰の細川紘未さん

光洋氏は、私のマイムの師匠であり、以前同氏の公演「KOYO MIME LIVE」渋谷ジャンジャンにも出させて頂いたり(今考えると、これってスゴイことだよねぇ)、家族旅行に同行したり、とにかく公私ともに家族ぐるみで仲良くさせて頂いているのだが… 

やっぱ凄いわぁ~、この人~
何度観ても飽きないし、また観たいと思わせる。(これでも私って、飽きっぽい性格なのよ)
もう50歳過ぎてるのに、この超人的な熱い舞台。
とにかく氏が舞台に乗ってると、一瞬も目が離せない
いや普段の氏も魅力的なんだけど。

何度も観てる作品でも、観れば観るほど、深みというか味が出て・・・いいわぁ
そりゃあ、日本のマイム界を代表するマイムスターだからねぇ。

また惚れ直し、単なる大ファンになってるけど(笑)


そして、細川さん。
今回の作品は、PW3の音響・照明をこなす松田充博氏の作・演出という、これまた興味深い。
いつもの細川とは違う一面が見えて、凄~く良かった。
松田氏は、音響と照明のオペをしながら、ドギマギし通しだったようだが(笑)
でも、この作品は、細川の為に作られたものであって、細川自身しか演じられないだろうと思った。

あぁ、私にも誰か、作・演出を手がけてくれる人はいないものだろうか?
次の金曜が決戦の日です。
そう、「第6回さくっとパントマイム」(注:完売しました)本番です。
最後まで、足掻いてあがいて、足掻いてやるぅ~。

もう、「さくっと」では無くなってます。切羽詰ってます。
何もアイディアが浮かばないのでは無く、色々浮かんでは消えを繰り返し、考えがまとまらない。
(注:これを人は、アイディアが浮かばないと言う)

作品の神様~、どうか降りてきて下さ~い

こんな状況で、いい舞台を観てしまった後だけに・・・尚更萎縮してしまって・・・。
実は、考えてた作品が細川のとダブっていた・・・
見方を変えれば、違う作品なのだけど、・・・・やりにくいよねぇ。
これを観たお客さんが、さくパンに来る可能性は大いにあるわけだから・・・
パクッたと思われてしまうじゃないかー

会場で「さくっと」で共演する、たかくわみえ さんに会った。
作品の進み具合を聞いてみると、彼女も昨日、師匠に作品を見て貰ったところ、ダメ出しされて、凹んで泣いたらしい。
「お互い頑張ろう」とエールを送り、その場は別れた。

うーん、まずいぞ

夕べ、夢の中でまで作品を考えていた
ここまでくると末期症状だ
精神的ストレスから、腹の調子が悪い


他の人は、「どうしてそこまでして・・・」って思うだろうなぁ。

この感覚は、舞台に立った経験がないと分からないだろうなぁ。


よーし、やるどーーー。
あいにく座席予約は終了していますが、8月も出演しますから、よかったら見に来てね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック