とりとめもなく、とめどなく

アクセスカウンタ

zoom RSS バルーンアートの広がる世界

<<   作成日時 : 2016/09/27 23:46   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


本日、新宿伊勢丹に行ってきました。

本館ショーウィンドーの世界的に活躍するバルーンアーティスト Daisy Balloonによるインスタレーションを見るために。

実は、そのバルーンフラワーとバルーンアートのクマさん作りを手伝わせて頂きました!

画像


私のバルーンフラワーの先生である細貝里枝さんと、河田孝志氏のユニット、DAISY BALLOONのお仕事を お手伝いさせて頂けるなんて、本当に幸せな体験でした。


始まったのは 9月上旬
横浜にあるアトリエに通い 講師仲間たちと どんなふうに完成するのかとワクワクしながら いくつものバルーンフラワーのパーツ作り

ショーウィンドウを飾るだけの大量のパーツ 使う風船の数も ハンパないです。

画像


これは、極々一部ですが、これが

画像


この中央のピンクの花になりました。


散りばめられた 花びらや葉っぱ

画像


どのウィンドウを見ても 見覚えのあるパーツがあり テンションあがります。

そして大変だったのが、膨らませたバルーンで作るクマさん。
いったい幾つ作っただろう?
何百だ?

こんな数 作ったことありません(笑)

画像


組み立ては未経験なので、ひたすら朝から晩まで12時間、ひねってひねってクマ、くま、熊 を作る。
デイジーベアに近付けるために、バブルのサイズを模索しながら、ひたすら、ひたすら。
同じクマでも、人によってバランスが違うのです。

画像


お陰で1日目の夜は、帰りに鞄が握れなくなるくらいに握力が奪われました

バルーンドレスの第一人者Yさんからのアドバイスで、アイシングと湿布して寝たので、翌日も痛みは無くひねることが出来ました。

画像


このインスタレーションは、2週間だそうです。
新宿においでの際は、是非伊勢丹にお立ち寄りください。
店内ステージには、直近にバルーンフラワーを見る事ができますよ。


画像


画像


画像




*DAISY BALLOON (Balloon Artist)

DAISY BALLOONは、世界を舞台に活躍するバルーンアーティストRie Hosokai(細貝里枝|1976年)とアートディレクター、グラフィックデザイナーのTakashi Kawada(河田孝志|同年)からなるアーティストユニット。
2008年結成以来、「感覚と質」をテーマに掲げ、バルーンで構成された数々の作品を制作。なかでもバルーンドレスは、繊細さが細部まで行き渡った建築物を思わせ、多くの人々を魅了している。また、彼らは日々、哲学的テーマを探求して、物や人とディスカッションすることをフィールドワークとしているが、その眼差しは常に、他者との本質的な融合に向けられている。



詳細URL 伊勢丹HPより

http://isetanparknet.com/news_event/160921-diesel.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい
バルーンアートの広がる世界 とりとめもなく、とめどなく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる